<   2012年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧
パリの灯

パリの街は美しいと言うけれど
ゴミは多いし犬のフンは多いし
ホームレスは多いし
車は多いし
正直けっこうキツイくらい臭う駅もある。

いつか(もうそんなに遠い未来ではないけれど)
パリを離れ、パリを思い出す時に私の頭に浮かぶものは何だろう。

それはきっと、今夜みたいに寒い夜
白い息を吐きながら歩いた街の街灯。
暗闇にぼんやりとともるカフェの灯り。

これが私にとって”美しい”パリの記憶。
f0152109_716342.jpg



[PR]
by oyabing2002 | 2012-01-31 07:17 | フランスの日々paris
私の好きな街

f0152109_1535627.jpg

ちょっと用事があって2日連続サンポールの駅からマレを通って家に帰った。
昨日も曇天の隙間から一瞬差した光がとても奇麗だったけれど
今日は朝から太陽が見えていて、春や夏に負けず劣らず散歩が楽しい。

小さな通り。
可愛いお店。
公園のベンチ。
壁に描かれた子供。

複雑な空の色と 低い太陽が創る陰影が
夏のどこまでも爽やかなあの気持ち良さとは
また違った爽快感をくれる。
冬の冷たい空気を吸い込むと、身体の中が少し奇麗になった気すらする。

私、この街も確かに好きです。

f0152109_1504846.jpg




[PR]
by oyabing2002 | 2012-01-28 01:57 | フランスの日々paris
これもパリ。それもパリ。

お昼をマレのGlouでとった後にサーカスを観に行った。

cirque d'hiver、直訳すると冬のサーカス。
一番安い10ユーロの二階席を買って入場。
角度によっては見えにくい場合もあるけれど、概ね問題はなかった。

公演が始まるとライトが落ち
真っ暗な中を光の衣装を身にまとった踊り子が駆け回る。
かわいい〜!
音楽も生バンド!
f0152109_550063.jpg

f0152109_5531940.jpg

猛獣使い、空中ブランコ、コント、マジック、ダンス、
ちょっとコンテンポラリーなボディパフォーマンスなど盛りだくさん。
休憩を挟んで約2時間半があっという間に過ぎた。
こういったものに気軽に出かけられるのがパリの良いところ。

***

数日前にオペラ座の近くを歩いていたら叫び声がして
振り向くと携帯を握った若い黒人の男が私達の横を走り去って行った。
そのあとを必死の形相で叫びながら追いかけるおじいちゃん。
初めて目の当たりにするスマホ強盗・・・。
もの凄く苦い気持ちになった。

***

夜中に駅から歩いて帰っていると
どこからともなくラヴェルのボレロが聞こえて来た。
レストランとかバーで流れている音楽かな?と思ったら
向こうから歩いて来る女性三人組が歌っていた。

***

どれもパリです。


[PR]
by oyabing2002 | 2012-01-26 05:54 | フランスの日々paris
Restaurant Le Chateaubriand

世界ベストレストラン2011でフランス最高位の9位にランクされた
Restaurant Le Chateaubriandへ行ってきた。
f0152109_212197.jpg

大人気のお店なので早めに予約しようとしたけれど
予約は二週間先までしか受け付けないということで
ぴったり二週間前に予約して随分と楽しみにしていたレストラン。

活気があってスタッフがものすごく生き生きと働いている。
田舎の魚屋かと思うようなよれた白Tシャツに使い込まれたエプロン。
又は白シャツに白エプロン。でもジーンズとスニーカー。
キッチンもサービスも
特別にイケメンというわけではないのに皆すごくカッコいい!

お店の空気にこちらまでテンションがあがってしまう。
テンションの上がった私に連動してか
何故かカメラが故障。
仕方ないのでiphoneで撮影。

メニューはコース一種類のみで55ユーロ。
又はこの料理に合わせたワイン付きの100ユーロ(?忘れた)というコース。
食べたいものを選ぶ自由は与えられません。
とりあえず、メニュー表を渡され、大丈夫?と聞かれる。
アレルギーとか食べられないものとかの「大丈夫?」。
f0152109_25657.jpg

内容はなんだかものすごいので割愛します。
これで一人分。
アミューズ3品、前菜3品、メイン2品、デセール3品。
とにかくびっくりしっぱなしで
プロの目からは
「かなりの変態料理」という事でした。
デセールなんてクラゲと卵黄が出て来た!
ぶっ飛んでる!!!
ものすごく刺激的なレストランだったな〜。
また行きたい!


[PR]
by oyabing2002 | 2012-01-21 02:19 | フランスの日々paris
自然史博物館

いや、お勉強は大事だって言ってもね、やっぱりお勉強だけしている訳にもいかないじゃないですか。
そんなに勉強ばかりしていたらお腹が痛くなってしまいます。
やっぱり観光や買い物もしなきゃ!
と言っても、お二人ともパリは初めてでもないので
ザ・パリな観光コースとは一味違う渋いコース。自然史博物館の大陳列館へ。

巨大なくじらの骨に圧倒され、「重力とは?」としばし考える。

f0152109_122089.jpg

癒し系の大御所マナティ。


トドの模型の大きさに、「戦っても絶対、負ける。」と確信。
トド、最強!と思ったのもつかの間
トド3頭くらいなら余裕で刺さりそうな一角鯨の角を見て
あっさり軍配は一角鯨へ。(学術的な話ではないのでアシカらず。。)

二階にある剥製の大行進の周りではたくさんの人がデッサンをしていた。
f0152109_1244549.jpg

なかなか良い表情の猫系の強者。ちっちゃい。
f0152109_1232526.jpg

うちの愛猫、トトと良い勝負だけど、親バカなので軍配はトトちゃんへ。
f0152109_1381568.jpg


f0152109_1313431.jpg

四方八方に唾を飛び散らせる事ができるよう進化した口。
(学術的な話ではありません)

f0152109_1323110.jpg

剥製(?)の作り方の図解

f0152109_1352116.jpg

電気消すよ〜。よっこらしょっと。

f0152109_1363072.jpg

置いてある椅子や展示の格好良さは抜群。
とっても楽しい自然史博物館でした。

[PR]
by oyabing2002 | 2012-01-20 01:40 | フランスの日々paris
paris gourmand

f0152109_0544821.jpg

10年以上通っているレストランのオーナー夫妻が今パリに遊びに・・・
いや、お勉強に来ていらっしゃるので
一緒にお勉強のお手伝いをさせていただいております。

昼も夜も
熱心に評判のビストロやカフェでお勉強されているので
私も素人ながら一生懸命お勉強に便乗させていただいて
それはそれはお勉強になります。

いやー、ちゃんとしたお店に行けばちゃんと美味しいものって食べられるんだね!
昨日のカモのローストとフォアグラのアレが忘れられません。

ほんと、勉強になります!押忍!


[PR]
by oyabing2002 | 2012-01-20 00:56 | フランスの日々paris
20120115

23歳になりました!
なんてずうずうしい嘘が平気で言えるような年齢になりました。

特筆するようなイベントは特になかったのですが
アーセナルはアウェーで見事な逆転負けしました。

最近よく一緒に出かけているYちゃんと
仕事の後にブロカントへ行って
スポーツバーで試合を見て
クレープを食べて
シードル(林檎のお酒)を飲んで
結構赤くなってしまったりして
そんな平和な一日でした。

最近寒くなってきて、空が奇麗な日が多いです。
f0152109_9241478.jpg




[PR]
by oyabing2002 | 2012-01-17 09:28 | フランスの日々paris
復帰困難の坂から

パリに戻っても思考回路が日常に戻らず
頭の中ではずっとアーセナルソングが鳴り止まない私です。

11日からセールが始まったので街に出てみたけれど
なんだか物欲もないし、ロンドン行きが急だったから
結構いろんなお金が飛んだしな・・・。
と、買い物はせずに、公開が始まった『コクリコ坂から』を観に行った。
仏題は『La Colline aux coquelicots』。
いやー、ゲド戦記よりは1000倍良かったよ、吾朗さん!

宮崎駿と比べるなんてそんなアホな事はハナからしていませんが
若い(?と言っても中年か)彼だからこそ描けるものがあった気がする。
髪の毛の動きが時々気持ち悪いけれど
素直な感じが好印象でした。
でも不思議なのは、彼の映画ってまだ二本しかないけれど
人がたくさん出て来ても出て来なくても
どうも山の上で主人公たちだけでやっているというか
世界と繋がっている感じがしないんだよなー。
どうしてなんだろう。
不思議な感覚だ。

そして、家に帰ってアンリの昔の動画を見ていたら
ついついこんなものなら買いたくなってしまう自分がコワイ・・・。
f0152109_19274486.jpg

f0152109_1928492.jpg




[PR]
by oyabing2002 | 2012-01-13 19:28 | フランスの日々paris
すみませんが今日だけは。そしてやたら長い。

このブログを読んでくれている人は
サッカー系の話とかあまり興味がないとは分かっているんだけれども
今日だけはー
ああ、今日だけは私の不愉快な程自己満足の日記を許して下さい。
最初に言っておきますがサッカー熱100%です。
自己陶酔です。
ごめんなさい。
あと「!」マーク多発なので疲れている方は読まない事をおススメします。

アンリのアーセナル復帰が囁かれ始めたクリスマスの頃から
毎日arsenalFCのホームページをチェックし
今か今かと待ち焦がれていた公式発表。
9日のFAカップに出場するには6日の正午までの契約が必要らしいと知り
6日は5分に一回くらいページを開いてました。
そして昼過ぎ!
ついに!
正式に6週間半のレンタル移籍成立のニュースが!

それまで、自分の休みに合った15日のスウォンジーシティとのアウェイ戦を
観戦候補にしていたけれど
どうせなら復帰の瞬間が見たい!
いや、見逃してなるものか。
てかスウォンジーちょっと遠くて無理がある!
やっぱりホームで見たい!
ということで公式発表の一時間後には9日のFAカップ、リーズ戦の
ホテル、列車、チケットの手配を済ませ
バイトのシフトを代ってくれる人を探していた。

やっぱりね、アンリはアーセナルなんです。
アーセナルはアンリなんです。
アンリがバルサでチャンピオンズリーグ獲っても
アーセナルが(してないけど)アンリ抜きで優勝しても
半分の喜びしかないんです。

今まで
ジダンの現役姿を見られなかったとか(空港で歩いてるとこは見た!)
あの素晴らしい時代のアーセナルを見られなかったとか
なでしこのW杯優勝シーンを見れなかったとか
ドイツW杯の決勝でフランスに起こった阿鼻叫喚の悲劇とか
バルサとのCL決勝にアーセナルがGK退場で負けた事とか
もっともっと数えきれない程
サッカーを見ていれば見ているだけの果たせなかった夢があるのです。
敗れていった猛者達がいるのです。
こんな思いをするくらいならサッカーファンなんてやめてやる!
と何度もサッカーから離れようとしました。
でも時がくれば誰かがスパイクで心の扉をノックしにくるのです。
そう、サッカーの中毒性を甘く見てはいけません。

もう今回だけは、バイトのシフトを代ってもらうなんて強硬手段をとってでも
(私にしては結構有り得ないことです、ほんと)
絶対に行く!と2012年、1月6日の午後、私は堅く決心したのです。

カミングアウトしてしまうと、何気にアーセナルのメンバー会員(照れ)なのに
チケットが取れなかったので、ちょっとくらい高くても良い!と代理店でゲット。

というわけで
9日、15時に仕事が終わってから半休を使って行って来ましたよ。
一応外国なのでしっかりと入国審査も受け。
入国管理官「イギリスへの滞在日数は?」
私    「一晩です!」
入「旅行の目的は?」
私「サッカーの試合です!」
入「どの試合?」
私「今夜のアーセナル対リーズです!」
入「一人で行くの?」
私「そうです!」
入「おや、まあ・・・」
しっかりスタンプも貰い、滞在時間わずか11時間の
今月の海外旅行。

ああ、パリに住んでいて良かった。
ヨーロッパに居て良かった。
今回程それを実感したことはありません。
ロンドンまでたったの2時間半!
着いた時にはもう真っ暗で
ロンドン塔もなんちゃら寺院もビッグベンも
何も見えなくてそのままスタジアムへ直行だったけど
結果的に最高のロンドン旅行でした。

キングスクロス駅から既に始まっている「ティエリ・アンリ」コール。
ちょっとおしゃれ的にアレだからってGooner(アーセナルファン)のくせに
赤と白(アーセナルのチームカラー)のマフラーを巻いていない自分が
逆に恥ずかしい!
なんだよ、ランバンのマフラーって。お呼びでないわ。
f0152109_4193987.jpg

たったの3駅で500円近くかかる、やたら高いロンドンの地下鉄で
その名も「arsenal」駅に着き、人の流れにのって聖地エミレーツスタジアムへ。
来たー!やっと来たー!お待たせー!
途中に色々とショップや屋台があるけれど
そわそわしちゃって何どころじゃない。
とにかくピッチが見たいの!!

一応初めての海外スタジアムでの観戦なので
安全第一で上の方のスタンド席を取ったけれど、ちょっと後悔。
下も全然安全っぽい。
f0152109_428665.jpg

リーズの選手より遅れてアーセナルの選手達がアップに現れ
控え組と一緒にアップをする
白靴下の眩しい、愛しいツルぴかちゃんを目にした時には
もう、夢のようでした。
身体は重そうで、調子はよくない感じ。
(二週間前にバカンスから戻ったばかりだそうなので当然)
f0152109_4234387.jpg

試合はケガ人も多く、リーグ戦ではないという事もあって
残念ながら現在のエース、ファン・ペルシは見れなかった。
けれどもー
これが強豪のアーセナル?
相手はリーズとはいえ今は2部にいるチームなのに
良い形は作れても、ボールは支配していても、点を決めきらない。
上手いけど、迫力がない。
さすがリーグ戦で5位に低迷しているだけの事はある。
スタジアムにアンリコールが響く。

そして後半、アンリがアップを始めるとスタジアムがざわめき立つ。
試合よりもそっちの方に目が行っちゃって集中できない。

アンリがジャージを脱ぎ、赤と白のシャツを着る。
スタジアムは期待のあまり総立ち。

そこからプレーが切れるまでの時間が、ものすごく長く感じた。
そして、ボールがゴールラインを割り、選手交代のタイミング。
まずは旧アンリの番号「14」を受け継いでいるウォルコットが入り
つ、つつつつつつ、ついに
新しく12番を背中につけたアンリがピッチに!
スタジアム、割れんばかりの大歓声!
誰も彼もがアンリの帰還に大喜びで飛び跳ねて拍手と声援を贈る。
最近じゃあ「紅白の松任谷由実」以来枯れていた私の涙腺も
(あれ、つい10日前?)
思わずうるっと・・・。
ああ、どれだけ待ち望んでいた瞬間だろう!
正直、エミレーツでアーセナルのユニフォームを着たアンリが見れる事なんて
もう二度と無いと思っていた。
言葉になりません。
神様ありがとう。。。

しかしピッチに出て来たアンリはバカンス太りのせいかひと際大きく見えた。
ヒゲのおかげか貫禄も半端ない。
そして動きはやたらのっそりしている。
まさにキング・・・。
このハラハラする感じは衰えなのか・・・。
イヤ、まだ本調子じゃないだけだ。
アメリカのリーグはシーズンオフなんだから
今から調子上げて行って当たり前。
きっと。

ゆっくりとした動きでトップに君臨し
しきりに足下へのボールを要求している。

そして訪れた78分。
ソングからの絶妙のスルーを受けたキング・アンリは
全盛期さながらのするどいコース・・・・
ううっ(嗚咽)
キーパーの逆をつく狭い狭い隙間を・・・(号泣)

GOAAAAAAAAAAAAAAAAALLLLLLLLL!!!!!

ですよ!
あんなちょっとのチャンスを見事に決める!
いくら34歳でもバカンス太りでも、アラブの王様風のヒゲでも
アレをちゃんと決める!
さすがとしか言いようがない。

隣のおばさんと
「He's GREAT!!!」
と言い合い、もうちょっとでハグしてしまう勢いだった。
(フランス人なら完全にしてるけど、やはり英国人は少し堅い?)

あー、なんつー幸せ。
もう一年間ふりかけご飯でもおかずには困らないね。

12番アンリのユニフォームを購入し、
エミレーツの周りを軽く迷いながら歩いていたら、本当はエミレーツよりも
思い入れの深い旧ハイバリースタジアム(今はマンション)も見る事ができた。
水まわりの壊れている安ホテルで数時間過ごして
朝5時40分の列車でパリに戻りそのまま仕事に行ってもまだ興奮が収まらない。


素人ながら今のアンリのコンディションを見る限り
正直90分フルでの出場や今後のコンスタントな活躍は難しいかな?
という気もするけれど
決める時に決めてくれればそれで良い!

パンフレットを手に入れ損ねた事が痛恨のミスでしたが
またぜひ機会を見計らって、エミレーツに舞い戻ります!

WE LOVE YOU ARSENAL,WE DO!


[PR]
by oyabing2002 | 2012-01-11 04:48 | 英国
King's return

アンリが!
アーセナルに!
帰って来た〜!!!

二ヶ月のレンタルだけど、まさか本当にこんな日が来るとは・・・・涙

小沢健二のコンサートといい
アンリの帰還といい
人生って、奇跡のような事がたまに起こるんですね。
ああ、生きてるって素晴らしい。
f0152109_2353877.png


[PR]
by oyabing2002 | 2012-01-06 23:07 | フランスの日々paris



思う事、好きなもの、旅の記録。
by oyabing2002
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
生活を味わいながら
旅をするのが好きです。

2012年4月に
フランスワーホリから戻りました。

趣味はサッカー観戦
アーセナルサポです。
カテゴリ
全体
フランスの日々paris
フランスの日々chamonix
フランス一人旅 2007
フランス一人旅 2010
バルトの旅
イベリア・モロッコ紀行
ひとのことば
日々
NZ
ドイツ
スイス
イタリア
英国
未分類
以前の記事
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 10月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧