<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
7/20 さよならパリ

朝8時前
リヨン駅前からエールフランスバスで空港まで向かった。
16.5ユーロもした。
ロワシーバスの2倍近い・・・。

空港に着き、昨日GOYARDで買い物した物の免税手続きをする。
このシステム、面倒くさい!
アメリカとかNZはこんなんじゃなかったよね?

お店で定価を払って
帰国する時に空港でハンコを貰って
ポストに投函。
で、後日クレジットカードの口座に返金される。
このポストっていうのが何なのか分かっていなくて
普通に日本についてから出す物だと思っていたら
ハンコを貰った場所に備え付けてあるポストだったみたい。

知らずに持ち帰り、どうしようかと焦り
結局、フランスまで書留で送った。
(無事に返金されました。)

パリからモスクワに着陸した時、乗客から拍手が起こった。

噂は本当だったのか!

乗換ゲートではチケットに手書きで名前を書き込まれ、
「ニッジュウゴッバン!」と言われる(25番)。
指をさされた方に進むと、パスポートも見ずに
「ジャポーン!(日本人早く通れ!)」と叫んでゲートに
日本人を流し込んでいる職員。
ひー、モスクワだー。
ちょっとウキウキ。

そして乗換待ちの時間に
せっかくだから、と免税品店で買い物。

レジには怒っているかのような仏頂面の店員さんが二人居て
長蛇の列ができていた。
何故かと言うと、クレジットカードの機械がめちゃ遅い。
カードを通して二、三分反応なし。
その間、店員さんは何も言わずに仏頂面を貫き通し
カードが承認されると叩き付ける様にカードを返してくれる。
どもども、すみませんね、お手数をおかけして。
という感じ。

なんやかんやで
行きよりも一時間短いフライトで無事に日本へ帰って来た。

極暑。
明日は仕事。
体調崩した以外はトラブルもなく楽しい一週間だった。
やっぱりまだまだ足りない。
明日にでもパリに舞い戻りたい。



友達のお土産に買ったKGBのTシャツ。
f0152109_1671693.jpg

彼にはいつも、行った国のものじゃない、ちょっとイタいお土産を買って行く事にしている。
高校の時にアメリカ土産に買っていった変な人形が
MADE IN CHINAだったのを何年もネタにされたので。

これでもアクの弱いデザインにしたつもりが(他のはもっとドギツかった。)
開いてみたらバックプリントが ドッヒェー!でした。
f0152109_1673787.jpg

しーっ! ...て?
ロシア...

[PR]
by oyabing2002 | 2010-10-02 16:07 | フランス一人旅 2010
7/19 YHにて

宿に戻り
喫茶スペースで本を読んでいたら中国人の男の子に話しかけられた。

彼は中国で英語の先生をしているらしくて
社会人一年目。
物腰が柔らかくてフレンドリーな子だった。

「良いカメラ持ってるね」
私のGRDを見て言ってくれた。彼のはパナソニックのコンデジだった。
部屋にNikonのF3もあると言っていた。
次はOLYMPUSのPenが欲しい!あ、私も!みたいな話をしていて
デジカメのメモリーを見せ合ったりした。

パリは好き?と聞くと 彼は
「うん。すごくきれいだね。街も奇麗だけど、空気が奇麗でびっくりした。」
と言った。
その朝私はモンマルトルの丘からパリを見下ろし
やっぱりパリもスモッグかかってるな~と思っていたので少し意外だった。
f0152109_15283650.jpg

「そう?」
「中国では霞がかかっていて、少し離れるとものがはっきり見えない。
 パリではいろんなものがクリアに見えてすごく奇麗だ。
 僕はこれが初めての海外旅行なんだけど、パリに来て初めて
 中国の空気がどれだけ汚れているかに気がついた。
 なんか環境破壊とか耳にしていたけど、実感した事はなかった。
 だって生まれた時から、その環境だったから。
 霞がかかっているのは当たり前だと思っていたから、
 ここに来て空気が奇麗だとこんなにモノがはっきり見えるって知った。
 本当に、気付いた。」

「え、そんなに中国はひどいの?大気汚染の話は聞くけど・・。」
「うん。ひどい。気付けて良かった。」

そこまでだとは思っていなかったのでびっくりした。
しかも彼は北京とか上海ではなく、河南省から来ていた。
(今調べたら河南省は一億人という中国最多の人口をかかえているみたい。)

「東京は結構空気汚いけど、そこまではないなあ。
 パリとあんまり変わらない気がする。」

「日本は奇麗だって聞くね。何処にでも木が生えているんでしょう?
 日本人は几帳面だし。整頓されているし。」

「うん、でももちろん皆が皆そうでもないけどねー。
 中国は歴史があるし、今の成長もすごいじゃん。」

「そうだね、中国は歴史もあるし、今は成長してる。でも環境がなあ~。」

彼は翌日から二週間、ポルトガルへ行くと言っていた。
お金がなくて毎日マクドナルドだよ、と笑っていた。
私も三年前、随分マックにはお世話になった。

きっと今回の旅は彼に取ってものすごく良い経験になるんだろうな。


帰りの飛行機で
日本海から新潟のあたりを飛んでいるときに
日本は本当に奇麗な国だなあとしみじみと思った。
真っ白い雲が糸を引く様にたなびいていて
黒々とした緑に覆われた深い山がどこまでも連なって見えた。
f0152109_15293763.jpg

f0152109_1529989.jpg

でも
関東上空に来ると様子は一変。
灰色の幕が辺り一面を覆っていて、目を疑う程だった。
スモッグがあるのは分かっていたけど、こんなに?
年に数回帰省しているのに、その時には気付かなかったのだろうか?
国際線では高度が違うのか?

隣に座っていたおじさんもじっと外を見つめていたので

「こんなにひどかったですかね?これってスモッグなんですよね?」
と言うと
「うーん。すごいね。新潟の上空は雲も白かったし、
 関東平野に入った途端これだから。」

「パリも少しはあったけど、レベルが違いますね。」
「パリは小さいしねえ。船で九州とか四国から東京に来ると
 途中から遠くにもやの固まりが見えるよ。そのもやの上に今いるんだね。」

こりゃあ私が
東京に来てから花粉症になったり
アレルギーが出ていきなり今までの化粧品が使えなくなったり
毎年新しい変な症状が出たり
実家に帰って数日すると肌と髪がつやつやになったりするのは当たり前か。


あの男の子がいつか日本に来た時
なんだ、日本も汚いじゃないかって、思うかもなあ。

私だって気付いていなかったんだ。

[PR]
by oyabing2002 | 2010-10-02 15:32 | フランス一人旅 2010
7/19 改めましてパリ

フランスはあっちこっち行ってるけど
パリはまだ詳しくない。
何せ観る所が多過ぎる。

というわけで今日は改めてパリを楽しむぞ!

まずはモンマルトルへ向かう。
暗いメトロの通路から、抜け出た朝のモンマルトル、爽快♪
f0152109_14453448.jpg

f0152109_1585745.jpg

朝っていうのが良かったのかも。
人がまだ少なくて。


f0152109_14455886.jpg

サクレクール!
f0152109_1447983.jpg

階段!
f0152109_14473246.jpg

落書き!
f0152109_14521486.jpg

メリーゴーラウンド!

次は北マレへ移動してセレクトショップ、merciへ。
以前お世話になったアパルトマンの近くだった。
f0152109_14483268.jpg

f0152109_14493927.jpg

何でしょう、このお洒落にして心地よい空間。
スタッフの可愛さ。生搾りグレープフルーツジュースの酸っぱさ。
f0152109_14491422.jpg

キク〜072.gif
クエン酸!

お洒落過ぎるショップって気負っちゃってあまりリラックスできないけど
ここは開放感万歳な感じ。

観光客でごった返して
コレットみたいにならない事を祈る・・・。

そしてまた今日もいつもの古着屋さん。
1ユーロのブースでおばさんと白いチュニックの腕を引っ張り合う。
私   「あら、どうぞ。」
おばさん「いえいえ、あなたが先だったわ。要らなければもらうけど!」
私   「うーん、良いんだけどちょっと私には大きすぎるみたい。」
おばさん「そんなことないわよ!首周りのゴムが切れているけど直せば大丈夫よ。」
私   「じゃあもらっちゃおうかな。」
おばさん「そうよ、1ユーロなんだしね!」

ちなみに直したらばっちり着れる様になりました。
f0152109_1562455.jpg

このおばさんはフランス語の先生で
「あなた日本人?私、日本人の生徒がいたの。とっても良い子だったわ〜。」
と30分くらい一緒に1ユーロブースをまさぐり合った。
しばらくして路上でバッタリ出くわし
「あらー!運命的ね!良く会うわねー!」
とハイテンションで通り過ぎて行った。

f0152109_14502569.jpg

戦場のような古着屋さん。

疲れたので近くのお寿司屋さんで休憩。
寿司!

有名な古着屋キリウォッチを探していて
大きな教会にあたった。サントゥスタッシュ教会。
こんなに素晴らしいのに、知名度が低いのが
名所の多過ぎるパリのすごさ。
f0152109_15172928.jpg

キリウォッチはなんだか日本の古着屋さんのようだった。

ふらふらとサントノーレへ向かい
買うつもりはなかったのにAstier de Villatte でお皿を二枚購入。
だってやっぱりものすっごく素敵だし!
日本の半額くらいだし!
もっと欲しかったくらいだ。

次はGOYARD。
海外旅行で免税品を買わない女として有名...
でもない私がGOYARD パリ本店なんて...
そう、友達に頼まれたのです。
友達のお母さんに。

イキがってフランス語で
「サンルイのPMの白(ブラン)ありますか?」
と聞くと、茶色(ブラウン)が出てきた。
ノーン。
ホワイト、シルヴプレ。

無事にお遣いを済ませ、
サッポロラーメンで半チャーハンと餃子の早めの夕食。
最後の晩餐、これか・・・
でももう米しか食いたくない!

一日動いたのでやっぱり疲れていて
メトロで帰るのはきつくてタクシーを拾ってしまった。
歩けない距離でもないから近いだろうと思ったのに
意外と18ユーロも取られ(渋滞はしていたけど、ボラれた?!)
ならわざわざユースに泊まらなくて良かったじゃないか、と
思いながら帰った。



[PR]
by oyabing2002 | 2010-10-02 15:01 | フランス一人旅 2010



思う事、好きなもの、旅の記録。
by oyabing2002
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
生活を味わいながら
旅をするのが好きです。

2012年4月に
フランスワーホリから戻りました。

趣味はサッカー観戦
アーセナルサポです。
カテゴリ
全体
フランスの日々paris
フランスの日々chamonix
フランス一人旅 2007
フランス一人旅 2010
バルトの旅
イベリア・モロッコ紀行
ひとのことば
日々
NZ
ドイツ
スイス
イタリア
英国
未分類
以前の記事
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 10月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧