カテゴリ:スイス( 4 )
Villa le lac

行ってきました。コルビュジェのVilla le lac

今日は写真メインでお送り致します。
f0152109_474227.jpg

f0152109_3584566.jpg

10月までRene Burriの写真展中
f0152109_41133.jpg

f0152109_45128.jpg

f0152109_416919.jpg

f0152109_433685.jpg

明るくて気持ちよくて色が絶妙で
優しい〜おうち。
f0152109_484752.jpg

f0152109_412407.jpg
f0152109_4111845.jpg

帰りたくなかった。

[PR]
by oyabing2002 | 2011-09-15 04:13 | スイス
水曜日の熊
f0152109_9133361.jpg

またスイスに行って来た。
行くつもりはなかったのだけど、成り行きで到着した先はベルン。
スイスの首都。
スイスは4つの公用語(ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語)
があり、ジュネーブあたりはフランス語だけれどベルンはドイツ語。
ドイツ風のものも多い。
薬局の薬瓶の並びが奇麗。
世界遺産の旧市街の広場では中世の演劇をやっていた。
私、オープンエアーの観客席を見ると無性に幸せを感じてしまう人です。
違う広場ではジャズのコンサートをやっていた。
旧市街は一般車両が通行していないせいか、とても静か。
緑もいっぱいで、お店も可愛らしく、とてもステキな街だった。
橋のところまで来ると、川が流れていて、熊公園があった。
クマコウエン?!

熊はベルン市のシンボル。
川沿いの一角に熊さんが住んでいる。
もう巣穴に潜っているのか、移動中なのか分からないけれど
姿は見えなかった。
対岸には普通に住宅があり、不思議な気持ちだった。

子供の頃『大きくなりすぎた熊』
という絵本が家にあった。
内容をはっきり覚えている訳ではないし
好きだったという記憶もないけれど
とても印象の強い絵本だった。
なんだか悲しいイメージだけが残っている。
今度帰ったら探してみよう。

漫画『銀河~流れ星 銀~』
の影響で子供の頃から熊が恐い。
熊の事を考えた日は、ほとんどいつも恐い夢を見てしまう。
一種のトラウマ?

昔、サファリパークで見た熊は係員に追われ、のそのそ移動していて
可哀想だった。
私は熊が恐いけれど
実は本当に恐い熊は見た事がない。
まだ。
ベルンの話だったのにいつの間にか熊の話になってしまった。
f0152109_9152914.jpg

f0152109_924839.jpg
f0152109_9215685.jpg


[PR]
by oyabing2002 | 2011-08-05 09:25 | スイス
Le Lacの夏
f0152109_371149.jpg

7月22日
ホテルにチェックインする時に住所を書いたら
レセプションのお兄さんに
「シャモニから来たの!雪降ってた?」
と聞かれた。
「雪は降っていなかったよ。」
と答え、鍵を貰い、部屋に入る。
姿見の鏡が目について
「あ、なるほど」
やっと意味が分かった。
彼は私の格好を見て、からかったのだ。
夏にコートを来ている人がいたらやっぱり変に思うだろう。
シャモニではダウンジャケットを着ている人も珍しくないので
私は単に天気を訪ねられたと思い「降っていない」と答えてしまったけれど。

シャモニは最近冷え込んで、夜はコートだけでなく手袋もしているくらいだから
当たり前の様に着込んでいたけれど、ちまたは夏なのだ。
スイスの避暑地とはいえ、夏は夏。
この辺りでコートは必要ない。

バルトの旅に引き続き、またも着てくるものを間違えたようだ。
アルプスにいるとどうも寒さにしか頭が回らなくなる。

f0152109_345842.jpg

一通り湖畔をぶらついて部屋に戻り
置いてあった雑誌をめくると、ある建物が目に飛び込んで来た。
コルビュジェの小さな家。
あ、そう言えばこれってレマン湖沿いだった!
まさかレマン湖のほとりで目的もなくぼんやりする事があるなんて
思ってもいなかったので、すっかり忘れていた。
iphoneで経路を検索してみると、僅かに電車で6分の駅だ。
これは行くしかない。
というかiphone、便利過ぎる。
携帯電話としてはもう使っていないのだけれど(高いので)
旅行にパソコンを持ち歩くのがおっくうでネット端末として使っている。
そろそろ解約しようと思っていたけれど
もうこうなったらこのまま使い続けるか・・・。

コルビュジェの小さな家『Le Lac』は彼が両親の為に建てた家。
昔たまたま開いた雑誌にこの小さな家の記事を見つけ
コルビュジェという人を知った。
知ってしまえば建築界では知らぬ人はいない大巨匠。
その巨匠の、最も興味深い作品が(私にとって)
南仏にある休暇小屋とこの小さな家だ。
巨大な都市計画や集合宅、宗教施設、モダン建築の傑作を設計して来た彼が
自らのためと両親のために建てたのは、どこまでもシンプルで簡素な家だった。

憧れていた小さな家の内部公開は、月曜日と水曜日だけという事で
入る事はできなかった。
塀の外から覗いた小さな窓。
こちらからは見えないけれど湖に向かって長い水平窓があるはずだ。
計算し尽くされたあの空間に、足を踏み入れる目的で次回は来よう。
月曜日か水曜日。
たぶん秋、葡萄が色づく頃。
この辺りは世界遺産の葡萄畑でもあるのだし。
f0152109_3135418.jpg



[PR]
by oyabing2002 | 2011-07-24 03:19 | スイス
湖(コ)トリップ
7月22日
こっち(アルプス)に来てから初めての連休だったので
一泊でスイスのモントルーに行って来た。
片道2時間半程なので、日帰りでも十分なんだけれど
一人でのんびりしたいと思ったので。

ちょっとスイスに行ってくる、とメールをすると
母も妹も「ハイジの世界?」と同じ内容の返信をしてきた。
似た親子だこと。
ハイジの世界はむしろ今住んでいる辺りで
少し違う風景が見たくなったので、レマン湖沿いのモントルーにしたのだ。

晴れれば良いな、と思っていたけれど
夕方、何重にも重なる雲の隙間から
時々光が漏れるのを眺めながら
こんな天気で良かった、と思った。

f0152109_23432286.jpg



[PR]
by oyabing2002 | 2011-07-23 23:44 | スイス



思う事、好きなもの、旅の記録。
by oyabing2002
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
生活を味わいながら
旅をするのが好きです。

2012年4月に
フランスワーホリから戻りました。

趣味はサッカー観戦
アーセナルサポです。
カテゴリ
全体
フランスの日々paris
フランスの日々chamonix
フランス一人旅 2007
フランス一人旅 2010
バルトの旅
イベリア・モロッコ紀行
ひとのことば
日々
NZ
ドイツ
スイス
イタリア
英国
未分類
以前の記事
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 10月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧