人生とか

年明けてからろくな事がないので
厄年こわっ!
と新年早々震えております。
うそ。
ろくでもない事は全部自分が招いた事で、厄なんかじゃない。

ここ何年か、父の痴呆症を言い訳に
ただ毎日笑って過ごす事で自分に合格点を出して生きてた。
一日一日、絶望しないように、できるだけ心をフラットに。
去年一年間は、そんな大事件も起こらず比較的穏やかに過ぎた。
(心が砕かれる事件は何回かあったけれど、実害はさほどじゃなかった)
田舎にいる事にもこの町風の遊び方にも慣れて
自分と向き合わずに済むというのがけっこう楽で
何となくこのままここに居られるんじゃないかなーなんて思ってた。

実際、好きな人と結婚して子供を持って
良いときも悪いときも喧嘩したり飽き飽きしたりしながら
一緒に歩いて行く程幸せで大切な事ってないんじゃないかと思う。

田舎に帰って来てもうすぐ三年。
心が萎縮して、やる事なす事裏目に出る時期がある。
人と向き合うのが恐くなって
傷つきたくないから自分から遠ざけて。
考え抜いて絞り出した言葉はいつも間違ってた。

最近、いくつかの事がパタパタっとうまくいかなくなって
環境に左右されるというのは本当にキツいと言う事を思い出した。

コミュニュケーションが手軽になりすぎて
人との距離感が近いのか遠いのか分からないけど
今はもっと離れていた方が、良いみたい。
私は自分で思っていたよりも、まだまだずっと弱かった。


「この線路を降りたら虹を架けるような
 誰かが僕を待つのか?」

 って小沢健二は歌ってたな。

「海の彼方にはもう探さない
 輝くものはいつもここに
 私の中にみつけられたから」

 って千と千尋の神隠しの歌にあったな。

「何処か遠くに逃げたら楽になるのかな
 そんなわけないよね
 どこにいたって私は私なんだから」
 
 って宇多田ヒカルの歌詞、いつも思い出す。



平静を保っている事で大人になったようなつもりでいたけど
全然違ったみたい。
家族や友達や大切な人達の支えになれれば、というのは思い上がりで
自分一人の面倒すら見れていないもん。

いくら幸せでも気持ちが奮わない時はあるし
一人で泣かなきゃいけない時もある。

こんな気持ちを、一人で抱える事もできず
ブログに書いちゃっている。

本当は一人で泣くべきなのに。


by oyabing2002 | 2015-01-14 00:45 | 日々
<< ug 秋の気配 >>



思う事、好きなもの、旅の記録。
by oyabing2002
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
生活を味わいながら
旅をするのが好きです。

2012年4月に
フランスワーホリから戻りました。

趣味はサッカー観戦
アーセナルサポです。
カテゴリ
全体
フランスの日々paris
フランスの日々chamonix
フランス一人旅 2007
フランス一人旅 2010
バルトの旅
イベリア・モロッコ紀行
ひとのことば
日々
NZ
ドイツ
スイス
イタリア
英国
未分類
以前の記事
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 10月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧