10/14 西へ

朝ご飯を探しながらメトロを二駅分歩き街の中心であるロシオ広場までやってきた。
静かだなあ、リスボン。
f0152109_1724962.jpg

アズレージョの外壁が面白い。違う街に来たな、という感じがする。
朝の8時はまだみんな動き出す前なのかな?

電車の時間を調べ、近くのパン屋さんで水と変わったパンを買う。
今日は今から「古都、シントラ」へ向かう。
電車に乗り込み、パンをほおばる。
甘くて美味しい。

車内は出勤や学生でリスボン市外へ向かう乗客がちらほら。
シンとしている。
途中でベンフィカという駅を通過し、おお!と思って写真を撮る。
(サッカー好きだとテンションの上がる地名です)
ゆっくりと流れて行く風景を眺めながら
バルセロナではちょっと急ぎすぎたな、と思う。
f0152109_176248.jpg

※ベンフィカの駅ではありません。
f0152109_17435100.jpg


f0152109_177071.jpg

シントラは駅からしてとてもかわいらしい街だった。
山の上に王宮や城壁などが点在していて、世界遺産に登録されている。
駅前のバス停から見所を回るルートのバスが出ているので
往復切符を買って乗り込む。
「アジア人?」
と声をかけて来たのは中国人の男の子。
彼はスペインで働いていて、休暇で中国に帰る前にポルトガルに寄ったのだそう。

8世紀〜9世紀に築かれたというムーア人の城壁で降りると
彼も一緒だったので一緒に巡ることになった。
写真を撮ってくれるので、一人旅なのに自分の写真がいっぱい!
気持ちのよい緑の中を進んで行くと、廃墟になった城壁が現れる。
f0152109_1784339.jpg

f0152109_1711969.jpg

ミニ・万里の長城みたい?
内部は大きな岩が転がっている。自然の地形なのか、崩れた後なのか。
どうしてこんな山のてっぺんにこんな大きな岩が転がっているんだろう?
「知ってる?」と聞くと彼も知らなかった。
f0152109_17122938.jpg

それにしても凄い眺め!
風が強く、城壁の階段はかなり狭いためちょっと恐いくらい。
生まれて初めての大西洋が遠くに見えた。
午後、私はリスボンに帰って市内を見てまわるけれど
彼はこれからユーラシア大陸最西端のロカ岬へ行くと言っていた。

奇麗だったね〜と言いながらムーア人の城壁を後にし、次はペーナ宮へ向かう。
この宮殿もシントラの世界遺産の一部で19世紀の建築物。
ヨーロッパだと14、15世紀の建物が当たり前なのに
ポルトガルの建物が比較的新しいのはリスボン大震災の影響だろう。
1755年に起こったこの震災は6万人とも10万人とも言われる死者を出し
リスボン市街では約85%もの建物が崩壊したという。
数日に渡って火事が街を焼き、発生した津波は多くの人を飲み込み
モロッコでも多くの死者を出した。
当時ヨーロッパにおける啓蒙思想の広がりや
ポルトガルの国力低下のキッカケになるなど
一国の地位や西欧社会全体の世界観を変える程の大事件だった。
また、地震学というものが歴史上初めて誕生した震災でもあり
今の日本人にとっては他人事とは思えないと言うか
何とも思うところの多い出来事。

f0152109_17184279.jpg

さて、ペーナ宮。
フランスやスペインの、首が痛くなるほど見上げなければいけない規模の物ではなく
「人間サイズ」の宮殿。
色々な様式がごちゃ混ぜで、色々な色が使われていて
キッチンがでかくて可愛い!
見晴らしは最高。
リスボンを訪れる予定の方にはオススメです。
f0152109_1741437.jpg

f0152109_17203868.jpg


一緒に巡った男の子は日本の文学や映画が好きで
川端康成、大江健三郎、村上春樹、三島由紀夫などが好きなのだそう。
彼のイングリッシュネーム(海外に出る中国人はだいたい持っている)
は、村上春樹の小説の登場人物からきていた程。
「中国では岩井俊二の映画が人気だよ。」
ええ!そうなの?すごく意外。
「政治的には色々問題があるけど、日本人のホスピタリティはすごく好き」

フェイスブックやってる?と聞くと
「中国ではフェイスブックできないんだよ」とのこと。
ああ、そっか。そうよね。
「君は今フランスに住んでいて、日本とどっちが良いと思う?どっちに住みたい?」
「私はどちらも好き。住むのは半々が理想かな。1年の半分こっちで、半分日本。」
「そう思えるんなら、やっぱり日本は良い国なんだね。」
「中国はどう?」
「僕はスペインの方がいいや。」
旅先で中国人と話すと、いつも色々なことを考えさせられる。



[PR]
by oyabing2002 | 2011-10-29 17:42 | イベリア・モロッコ紀行
<< 10/14 lisboa 10/13 空腹と現代美術 >>



思う事、好きなもの、旅の記録。
by oyabing2002
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
生活を味わいながら
旅をするのが好きです。

2012年4月に
フランスワーホリから戻りました。

趣味はサッカー観戦
アーセナルサポです。
カテゴリ
全体
フランスの日々paris
フランスの日々chamonix
フランス一人旅 2007
フランス一人旅 2010
バルトの旅
イベリア・モロッコ紀行
ひとのことば
日々
NZ
ドイツ
スイス
イタリア
英国
未分類
以前の記事
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 03月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 10月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧